未分類

山本寛斎の復活コレクションが伊勢丹新宿の初売りに!デヴィッド・ボウイの衣装のレプリカも展示

2014年1月7日 - 未分類

2013年11月に開催された、ロンドンのVictoria & Albert Museum(V&A)で山本寛斎のファッションショーが行われた。この「Fashion in Motion:Kansai Yamamoto」では、山本寛斎の復活コレクションを発表。ショーの当日の来場者は約1600人。大盛況のうちに幕を閉じ、世界中のメディアも山本寛斎の復活を取り上げた。

2013年11月末から来日していたレディ・ガガは、2013年12月2日(月)、フジテレビのテレビ組「SMAPxSMAP」に出演したときに、Kansai Yamamotoを着用したと自身のTwitterでも明かしている。

その最新のコレクションが、世界中から注目される日本・TOKYOの「今」のファッションや注目のブランド・価値観をテンポラリーに発信する伊勢丹新宿店本館2階の「TOKYO 解放区」にて、期間限定のポップアップストアが立ち上がり、いち早くコレクションを先行発売。

ショーで発表されたカラフルなアイテムはもちろん、山本寛斎がデザインする1点もののアイテムの販売も。更に、このポップアップストアではリトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)の山縣良和やシューズデザイナーの串野真也など、日本の次世代クリエーターによる山本寛斎へのトリビュートアイテムや、伊勢丹新宿店限定商品のコラボレーションアイテムなども多数販売している。

 

開催期間中は、ロンドンのV&Aで行われたデヴィッド・ボウイ(David Bowie)の回顧展「DavidBowie is..」でも展示されて注目を集めた、1973年にアラジンセインツアーでデヴィッド・ボウイのために山本寛斎がデザインしたコスチュームのレプリカを特別展示している。また、歌舞伎をテーマにした新年展示も披露。1階のザ・ステージの「KANSAI YAMAMOTO new years mannequin display」や6階の「New Year's Museum」内にて、ブロガーのミーシャ・ジャネットがコーディネートした山本寛斎の新作コレクションを見ることができる。フォークやストロー、リボン、それから水引きを使用したユニークなデコレーションだ。

今回のロンドンでのファッションショーを皮切りに、今後、次々と「KANSAI FASHION PROJECT」が繰り出されるという。山本寛斎の原点である「服」への復活に注目だ。

【開催概要】
開催日:2014年1月2日(木)~1月14日(火) 10:30~20:00 ※新年は1月2日10時から初売出し。
開催場所:伊勢丹新宿店本館2階 センターパーク/ TOKYO 解放区
東京都新宿区新宿 3-14-1
TEL:03-3352-1111(大代表)
※1月2日には山本寛斎×MISHA JANETTEのトークショーを予定。
<トリビュート参加アーティスト・ブランド>
MISHA JANETTE(ファッションディレクター/ブロガー)
・山縣良和(writtenafterwards デザイナー)
・串野真也(シューズデザイナー)
<コラボレーションブランド>
・Dr.Martens(ドクターマーチン)
・Tabio
<アイテム情報>
1点もの商品一例:Kansai Yamamoto New Collection シリーズより、アニマルテールシャツ、羽ドレープシャツ、襤褸巻きスカートパンツ など