未分類

山本耀司、レアル・マドリードのユニフォームをデザイン

2014年8月28日 - 未分類

山本耀司が、スペインのプロサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」のトップチーム、レアル・マドリードのサードユニフォームをデザインした。

ファッションに革命をもたらし続けてきた山本耀司は、新しいアディダス(adidas)とのコラボレーションとして、現欧州王者レアル・マドリードのスピリットを独創的なデザインの美学で表現。選手のために、戦いと勝利のエッセンスを抽出したユニークなユニフォームを制作した。

山本は、継続的な勝利を通じて神話的地位を獲得した現代のフットボール選手の英雄物語を構想。この芸術的ビジョンをインスピレーションとして、龍でもあり鳥でもある伝説上の動物を描いたキャンバス原画を制作した。龍の強さと決意と力、および鳥の速さと機敏さと抜け目なさを象徴している。

このアートワークが施されるユニフォーム自体は、エレガントなヘンリーネックを新たに採用したデザイン。アディダスのクラシックなスリーストライプスとアイコニックなパフォーマンスロゴがあしらわれている。

山本の象徴的な色である黒一色で仕上げられたこのサードユニフォームは、、選手のパフォーマンスを引き出す「adizeroTM」テクノロジーを採用。通気性を高めるとともに、伸縮性や耐久性を犠牲にすることなく比類のない動きの自由さと快適性を実現する軽量素材でできています。

ハンドメイドのプレミアム記念ボックスに収められたリミテッドエディションのユニフォームは世界1400着限定で、日本国内では2014年9月19日(金)にヨウジヤマモト青山本店、Y-3直営店、およびY-3 STORE ZOZOVILLAにて販売が予定されている。価格は32,000円(税抜)で、ユニフォームの背面には山本耀司の性「YAMAMOTO」と、アディダスのアイコニックなスリーストライプスを表わす番号「3」がプリントされている。