未分類

島田大介写真展「マティルデ」が渋谷で開催 - ドイツ文学の中にある”青”の世界

2014年6月23日 - 未分類

映像作家・写真家として数々のCMやCDジャケットを手がける島田大介が、フラワーアティストの篠崎恵美、モデルの小谷実由とともに写真作品集「Mathilde[マティルデ]」を制作。それにともない、写真展「Mathilde」が2014年6月23日(月)から6月29日(日)まで、渋谷・SUNDAY ISSUEで開催される。

今回展示される作品は、ドイツ文学として知られるノヴァーリス作『青い花』からインスピレーションを受け、物語の持つロマン主義を新たな視点で再解釈。現代のマティルデ(『青い花』に登場するヒロイン)として小谷実由を起用し、青い花の持つ意味、マティルデとは何だったのかをテーマに、映画の中を切り取ったような青の世界が表現される。

期間中は作品展示に加え、写真作品集の販売や、会場内に設置されたスペース「Flower shop aoihana」にて花の展示販売も実施。そのほか、作者らがゲストを迎えて行なうトークショーなども予定されている。

【開催情報】
島田大介+篠崎恵美+小谷実由 写真展 Mathilde [マティルデ]
日時:2014年6月23日(月)〜29日(日)
火金 13:00~20:00、土日 12:00~19:00
※初日は19:00〜、最終日は18:00まで。
■トークイベント
日時:6月27日(金) 19:00~20:00
ゲスト:山口博之(BACH)/島田大介、篠崎恵美、小谷実由
■初回限定販売
初回特典として、押し花入り写真集を販売。押し花は写真集内にランダムに挿入。
限定30冊/¥4,500+税