未分類

建築家・ガウディ×漫画家・井上雄彦の特別展「シンクロする創造の源泉」、六本木で開催

2014年7月11日 - 未分類

2013年から2014年にかけて日本とスペインで開催される「日本スペイン交流400周年」。この文化事業の特別企画として行われる、「特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-」が2014年夏、六本木の森アーツセンターギャラリーにて実施される。会期は2014年7月12日(土)から9月7日(日)まで。六本木の開催を皮切りに、金沢21世紀美術館、長崎県美術館、神戸県立美術館、仙台を巡回する。

サグラダ・ファミリア、グエル公園、カサ・ミラなど数々の独創的な作品を遺したアントニ・ガウディと、『SLAM DUNK』『バガボンド』『リアル』など国民的な人気漫画作品の作者である井上雄彦。この建築家と漫画家の時空を超えたコラボレーションが今回の特別展の見どころだ。

 

この展覧会のために、ガウディの建築物が数多く残るスペイン・バルセロナに滞在し、創作活動を行った井上雄彦。当時トネット(Tonet)という愛称でよばれた少年時代から、40年もの間連れ添ったパトロン、アウゼビ・グエイ(グエル)との出会い、そしてガウディがそれまでのキャリアと残りの人生を捧げたサグラダ・ファミリアの建設まで、ガウディのパーソナリティに深く迫る作品の数々を描き下ろした。

和紙に墨で描かれたこれらの作品の殆どには、登場人物の台詞とともに、漫画のようなコマ割りが施されており、それを順番に鑑賞していく事で、まるでガウディが生きた人生を追体験できるような構成になっている。10.6×3.3メートルの世界最大の手漉き和紙に筆で描いた巨大な作品も見所の一つだ。

 

ガウディがまだ無名だった時代に描かれたスケッチをはじめ、キャリア黄金期に建設された珠玉の代表作の図面、写真、模型、そして家具やデザイン・パーツなど多様な作品も、井上の作品と共に展示されている。グエイの邸館やグエル公園、コロニア・グエル協会、サグラダ・ファミリアなど、ガウディの名を世に広めた作品に関する資料の数々は、どれも貴重なものばかりだ。

ガウディから受けたインスピレーションを、その独特の感性により解釈し、その壮大な宇宙観を独自の方法で表現した井上雄彦。自分が生きているあいだにサグラダ・ファミリアを完成させる事が出来ないと知りながらも、その身を砕き、創り続ける事を決して止めなかったアントニ・ガウディ。二人の芸術家、そのシンクロする“創造の源泉”を、是非お見逃しなく。


アントニ・ガウディ ≪大学講堂:横断面≫ 1877年10月22日 ©Càtedra Gaudí

■アントニ・ガウディ(1852-1926)
バルセロナの南に位置する田舎町で生まれ育った建築家。サグラダ・ファミリアの主任建築家として名声を得る。バルセロナとその近郊の多くの重要な建築物の設計を手掛ける。

■井上雄彦(1967-)
鹿児島県出身の日本の漫画家。代表作は『SLAM DUNK』。スポーツや闘いなどを通じて青少年の成長を描く作品が多い。2013年12月には「日本スペイン交流400周年事業」の親善大使に任命され、スペインとも縁が深い。

【展示会情報】
特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-
開催期間:2014年7月12日(土)~9月7日(日)
場所:アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)
住所:東京都港区六本木6-10-1
主催:東映、テレビ朝日、BS 朝日、朝日新聞社、森アーツセンター
後援:スペイン大使館、J-WAVE
協力:カタルーニャ工科大学、サグラダ・ファミリア建設委員会、聖家族贖罪教会文書館、アイティープランニング、日経BP社
展覧会公式サイト:www.gaudinoue.com