未分類

東京ランウェイ 2013年秋冬Vol.4 - フィナーレを飾ったのは3.1 フィリップ リム

2013年9月14日 - 未分類

2013年9月14日(土)、東京体育館で6時間に渡って開催された東京ランウェイ。4部構成の最後となる4thステージは、3.1 フィリップ リム(3.1 Phillip Lim)、デシグアル(Deigual)といったグローバルブランドがランウェイショーを披露。ファッションウィークでは見ることのできない、人気ブランドと日本の人気モデルとのコラボレーションが見どころだ。

 
左)押切もえ/デシグアル 右)BENI/アウラアイラ

デシグアルのグラフィカルでカラフルなコレクションのファーストルックには、押切もえが登場し、笑顔でキャットウォーク。アウラアイラ(AULA AILA)のステージでは、透け感のある素材でデコルテ部分を肌見せするルックや、ボディコンシャスなペンシルスカートなど、トレンドのスタイルが披露された。フレイ アイディー(FRAY I.D)はスクールガール・スタイルをメインにカラーブロックを効かせ、トレンド感を前面に。

ドレスキャンプ(DRESSCAMP)は今年3月に東京ファッションウィーク中に発表された2013-14年秋冬コレクションの中でも、今回はウィメンズのドレススタイルを中心に披露した。ラストステージの3.1 フリップ リムのランウェイショーのオープニングに、水原希子が出演している2013年-14秋冬コレクション「SONOMAMA(そのまま)」の映像が流された。ヨンア、秋元梢、松島花、黒田エイミ、藤井リナ、奈々緒らが同ブランドのランウェイショーに登場するのは、これが初めて。

 
左から)松島花、藤井リナ/共に3.1 フィリップ リム

途中、ライブやバラエティ番組のステージでは、ジェネーションズや大久保佳代子がパフォーマンスを披露した。

来場者数は、東京ランウェイとして過去最多の15,984人(公式来場者数/東京ランウェイ発表)を記録。リアルクローズのファッションイベントとして、国内ブランドだけではなく、海外のハイエンドブランドをカバーするなど、若い世代のファッションをリードするファッションイベントとして最後のステージまで盛り上がった。

■東京ランウェイの他のレポートはこちらから
東京ランウェイ 2013年秋冬Vol.1- ケイト・スペードのショーで開幕
東京ランウェイ 2013年秋冬Vol.2 - ルミネが特別ステージ、浜口京子はリミ フゥを着て登場
東京ランウェイ 2013年秋冬Vol.3 - ヨンア、芹那、トリンドル玲奈、藤井リナらがウォーク