未分類

渋谷が芸術で溢れる秋 - 渋谷芸術祭、渋谷音楽祭、Tokyo Work Design Week開催

2013年10月2日 - 未分類

2013年秋、渋谷駅を中心としたエリアにて、第5回渋谷芸術祭、第8回渋谷音楽祭、Tokyo Work Design Week 2013(以下TWDW)が開催。渋谷が芸術に彩られる。

10月26日(土)・27日(日)の2日間に渡って開催される今年の渋谷芸術祭は、”シブヤ スマイル”をテーマに、渋谷ヒカリエや渋谷マークシティなど全10会場で計10以上のアートイベントが実施され、アート・映像・音楽・ダンスパフォーマンスといった「渋谷カルチャー」を発信する。さらに、震災復興支援を目的とした番組放送を、仙台のサテライト会場でも展開する予定。

今年で第8回目となる渋谷音楽祭は、音楽を通じ渋谷の街と人とがつながるイベント。”3 little words Campaign2013「こんにちは。ありがとう。ごめんなさい」”をテーマに、11月9日(土)・10日(日)の2日間、渋谷公会堂をメインステージとした主催会場8会場・連携会場22会場の全30会場で、様々なジャンルの音楽を披露する。東京フィルハーモニー交響楽団と天地人(津軽三味線とドラムのユニット)とのコラボレーションをはじめとする、ここでしか見られない演奏には、ぜひとも注目したい。

“新しい働き方に出会う7日間”というテーマのもと、渋谷ヒカリエをメイン会場に初開催されるのはTWDWだ。11月20日(水)から26日(火)の7日間、シェアオフィスやノマドワークスタイルなど、多様化する「あたらしい働き方」に触れられるTWDWには、京都大学准教授の瀧本哲史や、雑誌「WIRED」編集長の若林恵、AR三兄弟の川田十夢ら、多方面のジャンルから招かれた豪華ゲストが登場。ゲストによるトークセッションやワークショップのほか、みんなで働き方について語り合える11月22日(金)のネットワーキングパーティーや、今話題の会社や団体で実際に働くことが出来るしごと体験コンシェルジュなどのプログラムも催され、自らの働き方について改めて考えるとともに、大いなる刺激を受けることのできる機会となる。

【開催概要】
■第5回渋谷芸術祭
会期:2013年10月26日(土)・27日(日)
会場:渋谷会場…ハチ公前広場・東急東横店前ステージ、アオガエル、渋谷マークシティ1Fマークイベントスクエア、SHIBUYA109スクエア、マルイシティ渋谷1Fプラザ、宮益御嶽神社、渋谷ヒカリエ、渋谷インフォスタワー前広場、SECO
仙台会場…東北ろっけんパーク(ユーストリーム番組放送局)
入場料:無料
実施プログラム(一部):
・アート作品展示@アオガエル
渋谷駅前のアオガエル(ハチ公前の緑色の車両)も渋谷芸術祭仕様に変身。渋谷芸術祭の公式パンフレット及び関連イベントなどを紹介する会場へ。内部では、「絵画×プロジェクションマッピング」という手法を使用したアート作品を展示。(参加アーティスト:友星、ウェイフワン、小野留依聖、滝見壮平)
・東北ろっけんパーク
26日(土)10時〜18時、27日(日)10時〜18時
宮城県出身で、渋谷で活躍するアーティスト・カワムラユキさんを司会に、現在東北で復興活動を行っている方を招いての活動報告や、渋谷芸術祭選出の復興支援グッズの紹介コーナー、東北の今を伝える映像を紹介するネット番組を配信。

■第8回渋谷音楽祭
会期:2013 年11月9日(土)・10日(日)
メイン会場:渋谷公堂、マルシティ渋谷、宮益御嶽神社、渋谷ヒカリエ、SHIBUYA109ステージ、SHIBUYA109前、道玄坂通り、文化村通り
連携会場:東急百貨店本店、東急プラザ渋谷、セルリアンタワー東急ホテル、スターバックスコーヒー7店舗、渋谷エクセルホテル東急、プロミス渋谷お客様サービスプラザ、音楽MI JAPAN、タワーレコード渋谷店、ルミネマン渋谷、日本経済大学246ホール
入場料:無料
実施プログラム(一部):
・渋谷公会堂会場
11月9日(土)開場16時30分 開演17時
「伝統音楽からのメッセージ」をテーマに、東京フィルハーモニー交響楽団と天地人(津軽三味線とドラムのユニット)とのコラボレーションが実現。
出演- 東京フィルハーモニー交響楽団,天地人(津軽三味線・ドラムユニット)他
指揮-渡邊一正(東京フィルハーモニー交響楽団指揮者)
チケット料金-SS席=3,500円、S席=3,000円、A席=2,500円(税込)
チケット問合せ-オデッセー 03-5444-6966(平日11時〜18時)

■Tokyo Work Design Week 2013(トーキョワークデザインウィーク2013 )
会期:2013年11月20日(水)〜26日(火)
 メイン会場:渋谷ヒカリエ8階「8/」 内「COURT」
 入場料:公式サイト(http://www.twdw.jp/)にて2013年10月10日(木)から応募受付開始
 主な出演者:
 瀧本哲史(京都大学准教授・投資家)、兼松佳宏(greez.jp)、ナカムラケンタ(日本仕事百貨)、年吉聡太(ライフハッカー[日本版])、田中翼(仕事旅行社)、横石崇(BENCH)、河尻 亨一(銀河ライター)、川田十夢(AR三兄弟)、高橋晋平(バンダイ)、藤田ゆみ(くらすこと)、吉田大樹(ファザーリングジャパン)、若林恵(WIRED)、仲暁子(ウォンテッド)、諸永裕一(経済産業省)、石川俊祐(IDEO TOKYO)、野々村健一(IDEO TOKYO)、神田沙織(ものづくり系女子)、大南信也(徳島県神山町)、佐々木紀彦(東洋経済オンライン)ほか
 ※詳細は公式サイトで順次発表。変更の場合あり。
特別プログラム:
 ・ネットワーキングパーティ 2013年11月22日(金) 19時〜21時30分
 ・仕事コンシェルジュ(仕事旅行社)