未分類

渋谷パルコで“刺繍”にフォーカスした限定ショップ

2014年1月22日 - 未分類

渋谷パルコパート1・1Fにある編集ショップ「Meetscal<ミツカル> ストアby once A month」で、書籍「STITCH SHOW 刺繍のアート&デザインワーク、ステッチで描く50の表現」の出版を記念して、同名の展覧会「STITCH SHOW(ステッチ・ショー)」限定ショップがオープンした。期間は2014年2月9日(日)まで。

本の中からセレクトした刺繍のアート、デザインのフィールドで活躍する約15組のクリエイターの作品を紹介。また、1月30日(木)からは渋谷パルコB1F・ロゴスギャラリーと連動し、アート作品の展示と作家によるワークショップも開催される。

MEETSCALストアでは、刺繍のアクセサリー、雑貨など、身につけて楽しめる刺繍の小作品が並ぶ。伝統的手法を用いながらも、新しく独自のデザインで創作された刺繍から、糸と針を絵の具のように用いて、描くように表現された刺繍まで、幅広い刺繍の表現が楽しめる。また、店内にはアーティスト松山朋未によるインスタレーションも展示される。

一口に刺繍と言っても、その手法や素材は様々。手刺繍のほかに機械による刺繍もあり、素材にも糸だけではなくビーズなど立体的なパーツを多様に組み合わせることもできる。現在、注目を集めるクリエイターの刺繍作品を紹介するとともに、幅広い刺繍表現に触れることで、刺繍の新しい可能性を見つけることができる企画となっている。

 

【ショップ情報】
期間限定ショップ「STITCH SHOW(ステッチ・ショー)」
会期:2014年1月21日(火)~2月9日(日)
※ロゴスギャラリーでの展開は2014年1月30日(木)~2月9日(日)
場所:Meetscal<ミツカル> ストアby once A month(渋谷パルコパート1・1F)
参加クリエイター:姉川たく、神尾茉利、クラークソン瑠璃、小林モー子(maison des perles)、鈴切り絵、高木耕一郎、千葉美波子、点と線模様製作所、長野訓子、松山朋未、atelier taffeta、a t s u m i、emi takazawa、Kanae Entani、lite

【作家プロフィール】
■姉川たく
1970年生まれ。ギャラリーNANZUKA所属、刺繍など糸を用いた手法で作品制作を行うアーティストとして国内外で活動中。自身のデザインオフィス、カニカピラでは、Webデザインを中心にクリエイティブディレクションを手がける。
■クラークソン瑠璃
女性学や現代家族、ジェンダーのテーマを作品に落とし込む。2013年個展「悶悶WORDS―現代家族のことば刺繍」を開催。「婚活」など現代のキーワードを、だじゃれや連想をもとに刺繍した作品を発表する。モチーフのかわいさとうらはらのパンチのきいたメッセージを発信する。現代アート、イラストレーションなど幅広く活動。2005年慶応義塾大学環境情報学部卒、SICF14準グランプリ。
■点と線模様製作所
岡理恵子。北海道東海大学大学院 芸術工学研究科卒。2008年から北海道を拠点に点と線模様製作所を始める。風景や植物といった目に見えるもの、冬の寒さや雨の音といった目には見えないものなど、身の回りに溢れるデザインソースから暮らしの中で共に過ごしたくなる模様を制作する。テキタイルを中心に発表。
■松山朋未
1983年東京生まれ。2008年東海大学大学院芸術学研究科卒業。目には見えない想いをモチーフに、針と糸を用いて空間にイメージを描き出す。近年は、「おこもり」というインスタレーション作品を様々な場所で発表。新作となる「ゆえの髪飾り」は、「糸が美しいゆえに その刺繍は美しい。綿や蚕が美しいゆえに その髪飾りは美しい。」というコンセプトの作品「ゆえに」から派生した。
■小林モー子(maison des perles)
1977年生まれ。文化服装学院アパレル技術科卒業。アパレルのパタンナーを経て2004年に渡仏。ルサージュ刺繍学校で学ぶ。2010年に帰国し、maison des perlesを設立。アクセサリーの制作、オートクチュール刺繍教室を中心に活動中。アクセサリーは、1930年代のビーズを使い、リュビネル刺繍の手法で作られている。