未分類

短編映画「チェブラーシカ 動物園へ行く」日本初上映 - 全国約500ヶ所を巡回

2015年2月25日 - 未分類

新作短編映画「チェブラーシカ 動物園へ行く」が、2015年3月8日(日)宮城県・石巻市で開催される上映会を皮切りに、秋より全国約500ヶ所以上にて巡回上映される。

「チェブラーシカ 動物園へ行く」は、チェブラーシカの故郷であるロシアで先行公開されている15分の短編映画で、2010年公開の「劇場版チェブラーシカ」と同じ人形・セットを使用している。ロシアでもエンターテイメント性・アート性共に非常に高い評価を受け、ロシアのKROK映画祭、チェコのズリーン映画祭、ドイツのオーベルハウゼン映画祭などから招待を受けているほど。

同時上映となるのは、被災地の未来を願う思いを込めて創られたパペットアニメーション映画「ちえりとチェリー」。この作品は、「生命の輝き」を東北から全国に伝えていくプロジェクトのメイン作品として全国を巡回上映する。

■「チェブラーシカ 動物園へ行く」あらすじ
ある日の夕方、雷が鳴り響き、突然大雨が降りだした。嵐の中をずぶぬれになって動物園から帰ったゲーナ(ワニ)は、翌日、風邪をひいてしまう。熱を出して寝込んでいるゲーナの代わりに、チェブラーシカが動物園にそのことを伝えに行くことになった。ゲーナが出勤できないことを知ると、動物園のみんなはとても困ってしまう。なぜなら、ワニは動物園で人気者だからだ。そこでチェブラーシカは「ぼくがゲーナのかわりにワニとして働くよ」と提案。ライオンのレフ・チャンドルとキリンのアニュータにいろいろ教わって、チェブラーシカはワニとして働くことになるが……。

【上映詳細】
作品名:「ちえりとチェリー」「チェブラーシカ 動物園へ行く」(2本立)
上映時間:約70分
(「ちえりとチェリー」約50分・「チェブラーシカ 動物園に行く』約15分 」
配給:ジャパン・スローシネマ・ネットワーク(JSN)
公開時期:2015年秋~2016年春
公開規模:全国500ヶ所予定(市民ホールなど非劇場中心)

【石巻上映会に関して】
あの日から4年…生命の輝きを見つめ被災地の新たな未来を願う石巻上映会
開催日時:2015年3月8日(日)
時間:10:30~、13:30~ 
場所:石巻 遊学館
住所:宮城県石巻市北村字前山15の1
内容:
・「ちえりとチェリー」「チェブラーシカ 動物園へ行く」上映会
宮城県・石巻市において、「ジャパン・スローシネマ・ネットワーク(JSN)」の配給にて、2015年秋より約500会場で公開予定の2作品の日本初上映を実施。
・関係者舞台あいさつ、ワークショップなどを予定。
入場料:前売券/おとな・こども均一300円、当日券/おとな・こども均一500円
※今回の入場料は、東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト“Support Our Kids"に寄贈され、震災児童海外ホームステイ費用に充当される。