未分類

約5000匹の金魚が泳ぐ水中アート「アートアクアリウム2014」開催

2014年7月10日 - 未分類

毎年、新しい世界観を追求し、進化し続けるアートアクアリウム。 日本橋三井ホールにて、2014年7月11日(金)から9月23日(火・祝)までの期間、「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2014~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム」を開催する。

珍しい品種も含めた約5,000匹の金魚が、古き良き江戸情緒が感じられる水中空間を艶やかに優美に舞い踊る「アートアクアリウム」。「江戸・金魚の涼」をテーマに、江戸時代に日本橋で花開き、日本人に親しまれてきた「金魚」を季節の風物詩として愛でる文化から着想を得たものだ。


リフレクトリウム

昨年50万人を魅了した日本橋の夏の風物詩が、今年も新作を携え、新しいアートアクアリウムの世界を披露する。和をモチーフにデザインされた水槽に、LEDライティングやプロジェクションマッピングなど最新の演出技術を施し、見るものを幻想的な世界に誘う、新感覚の水中アート展覧会。音楽や香りの演出もおこない、「涼しさ」と「日本の美」が五感で体感できる。

今回の見どころは、日本橋に初めて登場する直径1.5mの球体の水槽で錦鯉が泳ぐ「アースアクアリウム・ジャポニズム」だ。水が溢れ流れ出る巨大な水槽は、アートアクアリウム史上最大の質量。作品自体が回転するという驚きの仕掛けも隠されている。

 
左) アースアクアリウム・ジャポニズム 右) パラドックスリウム

また今回は2種類の新作の展示も行われる。垂直に見える面が一切ない特殊な構造をした作品「パラドックスリウム」や、凹レンズ・凸レンズ・二重レンズなど様々なレンズを施した水槽の「リフレクトリウム」が登場。リフレクトリウムは、中に泳ぐ魚が小さく見えたり、大きく見えたりと不思議な世界を楽しめる作品だ。

また期間中は、毎日19時から同会場で「ナイトアクアリウム」も開催。音楽と照明演出が変わり、ドリンクを飲みながらゆったりと水中アートが楽しめるほか、週末はアーティストのスペシャルライブやDJパフォーマンスなども行われる。

「涼しさ」と「日本の美」が五感で体感できる空間を創り出すのは、“アクアリウム”と“アート”を融合させた“アートアクアリウム”の第一人者である木村英智。毎年、趣向を凝らした演出と新作の数々で、違った表情を見せるアートアクアリウムの新作の展開が期待される。

木村は今回の開催について次のようにコメントした。「ここ3年間は、江戸の“お祭感”というものを強くしてきたのですが、今年はそこだけに拘らず、伝統と革新というものを融合させたいと思いました。コレドも全館オープンして、街が新しくなっているので、今までのイメージを変えるような、驚きを人に与えたいです」。

なお、同期間に日本橋地域で、夏の涼を楽しみ、江戸時代の人々の知恵と工夫を体感する夏のイベント「ECO EDO 日本橋 2014」も開催予定だ。

【イベント情報】
「日本橋アートアクアリウム   ~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム」
開催期間:7月11日(金)~9月23日(火・祝)
時間:アートアクアリウム 11:00~19:00、ナイトアクアリウム 19:00~23:30(最終入場 23:00)
料金:入場料(税込価格) 大人1,000円、子ども(小学生以下) 600円、3歳以下 無料
会場:日本橋三井ホール
住所:東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町 5F(エントランス4F)
TEL:03-3270-2550 (7月10日以降開設 10:30~20:00)