未分類

細田守監督最新作『バケモノの子』2015年7月公開 - 少年とバケモノが主人公

2014年12月11日 - 未分類

映画『時をかける少女』や『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』と数々のヒットアニメーションを手掛ける、細田守監督の最新作『バケモノの子』が2015年7月11日(土)より全国でロードショー。

舞台は、人間の世界と「バケモノの世界」。人間界の渋谷とバケモノ界の渋天街(じゅうてんがい)という、交わるはずのない2つの世界に生きる、ひとりぼっちの少年とひとりぼっちのバケモノ・熊徹が主人公だ。ある日少年がバケモノの世界に迷い込み、熊徹と出会う。その後弟子となり、想像を超えた冒険が始まる。

脚本は細田監督が担当し、ジブリ作品『思い出のマーニー』や『ハウルの動く城』のアートチームを美術監督に迎えた。日本のクリエーターたちが作り出す、ハラハラドキドキのアニメーションを見逃さないで。

【映画詳細】
バケモノの子
公開日:2015年7月11日(土) 全国東宝系にてロードショー
監督・脚本・原作:細田守
作画監督:山下高明、西田達三
美術監督:大森崇、髙松洋平、西川洋一
音楽:高木正勝
企画・制作:アニメーション映画制作会社 スタジオ地図