未分類

羽田空港で世界中のショートフィルムを無料上映!出国までの時間を上質なシネマ体験に

2014年9月18日 - 未分類


ベン・ウィショー主演『ラブ・ヘイト』

多くの人が空港で体験するのは、出国までの“スキマ時間”。飛行機の時間まで数時間つぶさなければ……という人もいるはず。そんな空港での時間を、上質な短編映画を観て過ごせる時間に変えてくれるイベント「シネマトラベル presented by SSFF & ASIA」が開催される。

これは、2014年10月の土・日・祝日、計9日間、世界17の国と地域から全27作品のショートフィルムをセレクトし、羽田空港国際線旅客ターミナル内に新設された「TIAT SKY HALL」で、無料上映するもの。ショートフィルムという特性上、長編映画のように長い時間拘束されることもなく、短い時間で1本、または数本の物語を楽しむことができる。また7時から19時までの間、ほぼ休みなく上映するので、好きな時間に鑑賞できるのも大きな魅力の一つだ。

 
左)ミア・ワシコウスカ出演『ある夏の日』、右)ジェシー・アイゼンバーグ主演『廊下の彼氏』

上映作品は短編映画といえど、心魅かれるものばかり。銀行強盗に来た男に行員がローンを勧めるといった話や、元カレが別れた後も自分の家の廊下に住み続けるという設定、心優しい青年の前に超性格の悪い女が現れるコメディなど、一風変わった、興味魅かれる作品がラインナップする。もちろん、これらの面白おかしい物語を『ソーシャルネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグや『007 スカイフォール』のベン・ウィショーら実力派俳優が演じている、という点にも注目だ。

他にも『アリス・イン・ワンダーランド』のアリス役のミア・ワシコウスカ出演作品『ある夏の日』をはじめ、日韓合作映画『ザ・テノール真実の物語』に出演のユ・ジテ監督&出演の『招待』、2015年度の米国アカデミー賞短編実写部門のノミネート候補作品、『ホールインワインを言わない女』など、世界中から有名かつ注目必須なショートフィルムが集結する。出国までの“シネマトラベル”の時間。そこにはきっと有意義なひと時が待っているはず。上映作品は公式ホームページでチェックしてみて。

【イベント情報】
シネマトラベル presented by SSFF & ASIA
期間:2014年10月中の毎土・日・祝日 ※計9日間
会場:羽田空港国際線旅客ターミナル4F TIAT SKY HALL
料金:無料
TEL:03-5474-8844

■公式ホームページ:http://www.shortshorts.org/cinematravel2014/