未分類

「男はつらいよ」の山田洋次監督の計54作品を回顧上映! - 東京国立近代美術館フィルムセンター

2013年11月22日 - 未分類

『隠し剣 鬼の爪』(2004年) 撮影中の山田洋次監督 写真提供 / 松竹株式会社

東京国立近代美術館フィルムセンターが、2013年12月3日(火)から2014年1月22日(水)までの期間、山田洋次監督の回顧上映を開催。映画監督としては3人目となる文化勲章を受章し、2013年に監督50周年を迎えた山田洋次の傑作の数々が、一挙集結する。

1961年「二階の他人」から始まった、山田の監督人生。1966年の「運が良けりゃ」「なつかしい風来坊」でブルーリボン賞監督賞を受賞し、1969年に公開された「男はつらいよ」は大ヒットを記録。渥美清演じる主役の「寅さん」が国民的存在となっただけでなく、作品も、1995年の最終作までに計48作を数える、世界最大級のシリーズとなった。その後も精力的に製作を続け、現在までの50年の監督生活の中で、なんと計81本もの映画を公開。2014年1月には最新作「小さいおうち」の公開を控えるなど、山田の監督人生は現在進行形だ。

今回の回顧上映ではその中から、監督自選の「男はつらいよ」シリーズ20本を含めた厳選作品54本を、約2ヶ月間に渡り上映。12月3日(火)には、「二階の他人」上映後に監督本人のトークイベントも行われる。82歳を迎えた今もなお、新たな可能性を模索し、進化し続ける山田の、エネルギー、そして創造性をしっかりと感じてみて。

【開催概要】
上映会「映画監督 山田洋次」
会期:2013年12月3日(火)〜2014年1月22日(水)
場所:東京国立近代美術館フィルムセンター
住所:東京都中央区京橋 3-7-6
休館日:月曜日、12月28日(土)〜1月6日(月)
開場:東京国立近代美術館フィルムセンター 2階大ホール
料金:一般 ¥500、高校・大学生・シニア ¥300円、小・中学生 ¥100円、障害者(付添者は原則1名まで)・キャンパスメンバーズ 無料
■山田洋次トークイベント
日時:2013年12月3日(火)16時〜(「二階の他人」上映後)

【問い合わせ先】
東京国立近代美術館フィルムセンター
TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)