未分類

銀座メゾンエルメスの映画館、6月は「トムボーイ」を上映 - 繊細に描く10歳のジェンダー

2014年5月20日 - 未分類


©Hold-Up films

銀座メゾンエルメス(HERMES)の10階にある、40席のプライベートシネマ「ル・ステュディオ」。この小さな映画館は2014年6月、2011年のセリーヌ・シアマ監督作品「トムボーイ(Tomboy)」を上映する。

2011年のベルリン国際映画祭ではテディ賞を受賞するなど、高い評価を受けている今作。フランスに引っ越してきたばかりの10歳の少女が、少年のような格好で自らを「ミカエル」と名乗り、近所の子どもたちに男の子だと信じ込ませるところから物語は始まる。やがて仲間の一人リザが彼女に異性としての好意を寄せ始め、そこから「ミカエル」の葛藤が始まる…。


©Hold-Up films

緑と水辺に彩られた真夏の風景の中で浮かび上がる、ジェンダーの問題や残酷さ、セクシュアリティの戸惑い。監督・脚本を務めたセリーヌ・シアマは、そんなもろくて瑞々しい、思春期の子どもならではの心の動きを、繊細にはっきりと描き出している。そしてそこにリアリティを与えているのが、子どもたちの伸びやかな演技。心を刺すようなストーリーと、初夏にぴったりの美しい映像は、観た後に心地のよい余韻を残してくれる。

【上映情報】
日程:2014年6月1日(日)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)
時間:11:00/14:00/17:00
会場:ル・ステュディオ
住所:東京都中央区銀座5‐4‐1 銀座メゾンエルメス10階
予約URL:http://www.maisonhermes.jp/ginza/movie/archives/2005/

【作品情報】
「トムボーイ」
2011年/フランス/82分/カラー/35mm
監督・脚本:セリーヌ・シアマ
音楽:パラ・ワン
撮影:クリステル・フルニエ
編集:ジュリアン・ラシュレー
出演:ゾエ・エラン、マローン・レヴァナ、マチュー・ドゥミ
字幕:加藤リツ子
配給:Films Distribution