未分類

阪神梅田本店リニューアル - 地上190m・38階の商業施設が22年に完成

2014年3月26日 - 未分類

阪神電気鉄道株式会社と阪急電鉄株式会社が手掛ける「梅田1丁目1番地計画」(阪神百貨店梅田本店の入居する大阪神ビルディング及び新阪急ビルの建替計画)の工事施工計画が決定し、2014年秋の工事着手ならびに2022年の竣工を目指すことが発表された。

新しく建設される梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)は、百貨店ゾーンとオフィスゾーンをメインとし、カンファレンスゾーンやスカイロビー、屋上広場などの施設で構成される。新しくなる阪神百貨店梅田本店は、延床面積約100,000㎡、地下2階から地上9階までの11フロアとなる。なお段階的に工事を行っていくことで、阪神百貨店は休まず営業を続ける。オフィスゾーンは地上11階から38階までとなり、1フロア当たり面積約4,500㎡の大型オフィスは西日本最大規模。

地上11階には約4,000㎡のカンファレンスゾーンを設置し、“ビジネス情報発信の場”、“国際的に活躍する人材育成の場”、“多様な人材による交流の場”として活用することで、梅田地区におけるビジネス活動を活性化し、国際競争力の強化に資することを目指す。このカンファレンスゾーンは、災害時には帰宅困難者の一時滞留スペースとしても活用される予定。同じく11階にできるスカイロビーはオフィスワーカーや来街者に開放されるとともに、ギャラリー等の情報発信の場としても活用できるようにしていく。

さらに、ビル周辺では、地下・地上・デッキレベルでの3層歩行者ネットワークを強化し、街の回遊性を高めることを目指す。

【施設概要】
梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
住所:大阪市北区梅田1丁目1番 他
敷地面積:約12,200㎡(重複利用区域(注1)含む。)
延床面積:約257,000㎡
階数:地下3階、地上38階
高さ:約190m
主な用途:百貨店、オフィス、ホール等
竣工:2022年(予定)
施設構成:
■百貨店ゾーン
階数:地下2階~地上9階
延床面積:約100,000㎡
■オフィスゾーン
階数:地上11階~38階
延床面積:約140,000㎡
■カンファレンスゾーン
階数:地上11階
延床面積:約4,000㎡
■その他(駐車場、共用通路等)
延床面積:約13,000㎡
(注1) 両敷地間の道路上空利用する部分
※計画の概要は今後の行政協議や実施設計の進捗等により変更となる可能性あり