未分類

青山のライフスタイルショップ「エルムタージュ」から、ジュエリーコレクションがデビュー

2013年10月10日 - 未分類


青山にあるエルムタージュ本店。素敵なものとの出会いを予感させる。

東京・青山と六本木ミッドタウンに店舗を構えるライフスタイルコンセプトショップ「エルムタージュ(Heroomtage)」。青山にある本店は、太古の昔からある「香り」や「食」の文化とそれを彩る小さな雑貨やストーリー性を感じさせる商品が集められている。モノの背景にある歴史や伝統、クラフツマンの技が息づく美しい小物たち。オーナーバイヤー佐々木康裕の独自のフィルターを通じてセレクトしたさまざまなアイテムが取り扱われれている。


六本木「エルムタージュ ドゥー」の店内。

店名の「エルムタージュ」は、「hermitage(=隠れ家)」と「room(=部屋)」を重ね合わせた造語。気心の知れた友人の部屋を訪ねるようなリラックスした感覚で、新しい香りや雑貨との出逢いを楽しめる。

そのエルムタージュが「大人の女性の遊び心」をテーマにジュエリーコレクションをデビューさせた。既存の概念に捕われたありふれたものではなく、確かな技術に裏付けられたMade in Japanのこだわりジュエリーだ。六本木ヒルズのショップ「エルムタージュ ドゥー(Heroomtage deux)では、このジュエリーコレクションをフルラインナップで扱う。

ひとつひとつのジュエリーにはストーリーがあり、女性がそれを身につける事によって心が豊かになるようにという願いが込められている。デイリーに身に着けられる情実なジュエリーラインは、K22やブルーサファイヤの原石をそのまま使用する「Essential Sries」や、アンティーク加工にこだわった「Dear Series」、マリッジリングのシリーズなど、独特な素材選びとデザインにより、ひとつひとつに個性とこだわりを秘めた作品ばかり。この秋からエルムタージュの店頭に並ぶ新作コレクションのシリーズ全てをご紹介。

【エルムタージュ アクセサリーコレクション】

■Essential Series
K22はゴールドの含有量が多いため温かく深みのある色合いが特徴だ。その色合いに合うように全てのデザインが考えられている。今まで素材としては商品化が難しいとされたK22を使い、希少性の高いコレクションを実現。わざと少しゆがませた形、マット感のある仕上げへのこだわり、リングのまわりにほどこされた細工模様やダイヤモンド。サファイア、ルビー、エメラルドなどのプレシャスストーンとシックなゴールドの組み合わせは、繊細でありながら存在感があり、大人の女性のエレガントな日常使いに最適。シンプルながらハンドメイドのこだわりが感じられるシリーズ。

■Mariage Series
結婚指輪は永遠であり、このマリアージュシリーズは、最も大切な瞬間をかたちにしたリング。ふたりにとって最も大切な日の記憶をリングに記し、永遠の誓いを象徴するペアリング。2通りセレクトできる数字がこのマリアージュリングの特徴だ。ひとつは2つのリングを重ねると現れる0から9までの数字。またもうひとつは5桁までの数字を選び、リングに刻む数字。ふたりの記念や特別な意味をもつ数字を刻む事ができる。人生において最も特別な日を記憶する美しい方法をこのマリアージュリングは叶えてくれる。

■ONE Series
天然石ひとつ、ひとつの石の持っている良さをいかした絶妙なシリーズです。石の個性を見極め、最大限に引き出せるよう丁寧に研磨し、繊細な加工するなどすべての工程が手作業。必要以上な研磨をさけ、デリケートなゴールドのセッティングには確かな技術力がうかがえる。世界に一つの石との出会いは、つける人の個性も引き出してくれるはず。このシリーズは、ペンダントネックレス、リング、ピアスなどバリエーションも豊富。運命の一石に出会って。

■K14 Gold Filled
欧米ではとてもポピュラーで、ヨーロッパのアンティ-クにも多く使用されている素材。金を丁寧に何層にも重ねた素材は、深い輝きがあり、高級感とお手ごろ感が同時に味わえる。シンプルな曲線で立体的なフォルムを表現。耳元で揺れる大振りで軽やかなデザインは、表情に華やかさをプラスしてくれそう。

■Dear Series
古美仕上げ(アンティークフィニッシュ)にこだわったジュエリー。このコレクションにはずっと使い続けてきたような味わい、決して華美ではないけれどパリにある小さなお店や蚤の市で出会ったジュエリーのような可愛らしさがある。その雰囲気に合うように、サファイアの原石を使ったり、エナメルの色合いを調整したり、素材へのこだわりも忘れない。ひとつひとつのモチーフがそれぞれの意味合いを持った、繊細なデザインが、思い出に似た懐かしい気持ちを感じさせてくれる。

【問い合わせ先】
Heroomtage
URL:http://www.heroomtage.com/