未分類

映画『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』F.ワイズマン監督最新作、3時間に及ぶドキュメンタリー

2014年12月8日 - 未分類

ヴェネチア国際映画祭で栄誉金獅子賞を受賞したフレデリック・ワイズマン監督の最新作、映画『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』が日本で公開される。2015年1月17日(土)から、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開予定。

舞台は、190年もの間訪れた者を魅了し続ける「名画の宝庫」ナショナル・ギャラリー。数々の名画はもちろんのこと、個性豊かな専門家たちのギャラリートーク、名画を再び輝かせる修復師の職人芸、そしてロンドン市民と共に時代を歩む美術館の姿をありのままに伝える。

この美術館は、パリのルーブルやNYのメトロポリタンに比べれば小規模であるにもかかわらず、「英国の至宝」「世界最高峰」など惜しみない賛辞を受けている。その魅力にワイズマン監督も魅了され、30年もの間撮影を切望し続けていたという。

本作は、3ヶ月間に及ぶ潜入撮影で得られた、100時間以上の素材を1本のドキュメンタリーにまとめあげ完成した。実際にナショナル・ギャラリーを訪れているかのような臨場感、その裏にある数々のスペシャリストの活躍を同時に味わえ、是が非でも触れておきたい映画となっている。

【作品情報】
『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』
公開日:2015年1月17日(土)
監督:フレデリック・ワイズマン
上映時間:3時間1分
配給:セテラ・インターナショナル
(c)2014 Gallery Film LLC and Ideale Audience