未分類

NYで長蛇の列ができるドミニク・アンセル・ベーカリー、来年春に表参道にオープン

2014年9月17日 - 未分類

2015年春、ニューヨークのペイストリーショップ「DOMINIQUE ANSEL BAKERY (ドミニク・アンセル・ベーカリー)」が、表参道に1号店をオープンする。

「ドミニク・アンセル・ベーカリー」は、行列ができにくいことで知られるニューヨークで、毎朝長蛇の列ができるほどの大人気ベーカリーだ。

その人気の秘訣は、クロワッサンとドーナッツが融合したスイーツ「クロナッツ」にある。外側は日本でもお馴染みのクロワッサン生地なのに、一口食べてみるとミルフィーユ状のドーナッツになっているという革新的なスイーツ。タイム誌も、クロナッツを「2013年の最もすぐれた発明品 25」の一つとして指定するほど。他にも、マジックスフレや、フロースンスモアなど、オリジナリティあふれるスイーツが目白押しだ。

そして、このベーカリがニューヨークにオープンするやいなや、4ヶ月で6つの賞を獲得。『Time Out New York』では「Best New Bakery of 2012」を受賞、全米No.1レストランガイド「ZAGAT」の2013年度版ペーストリー部門の最高得点を獲得、2014年7月には世界最大手のキュレーションサイトで“死ぬまでに行きたい世界のベーカリー25”に選ばれた。


ニューヨークの店内

そんな、オープンが待ち遠しくて堪らない「ドミニク・アンセル・ベーカリー」は、表参道に大型旗艦店をオープンし、テイクアウトとイートインで楽しめる予定だ。

シェフのドミニクは、今回のオープンに関して次のように語る。「今までにない独創的な商品を、日本のみんなに楽しんでもらいたい。そして、100店舗つまらないお店を出すよりも、1店舗、素晴らしいお店を作りたいと思っています」。

■ドミニク・アンセルについて
ドミニク・アンセルは、パリの老舗ペイストリー「フォション」や、ニューヨークのミシュラン3つ星レストラン「ダニエル」でエグゼクティブペイストリーシェフとしてその才能を認められ、2009年には業界誌で「全米トップ・ペイストリー・シェフ10人」に選出された世界で注目を浴びるパティシエのひとり。

【店舗情報】
DOMINIQUE ANSEL BAKERY (ドミニク・アンセル・ベーカリー)
オープン:2015年春予定
価格:詳細は未定
サービス:テイクアウトとイートイン