ホームページ作成

Cookieより扱いが簡単な「Web Storage」の使い方 [ホームページ作成]

2011年9月21日 - ホームページ作成

これまで、ウェブページ側からブラウザに対して何らかのデータを保存させるには、Cookie(クッキー)を使うしかありませんでした。しかし、クッキーの読み書きには少々面倒なスクリプトを書く必要がありました。しかし、「Web Storage(ウェブストレージ)」機能なら、もっと簡単な方法でデータの読み書きができます。