未分類

ロイヤルベビー、ジョージ・アレクサンダー・ルイと命名 - キャサリン妃の水玉ドレスは、ジェニー・パッカム

2013年7月26日 - 未分類

英キャサリン妃とウィリアム王子がロイヤルベビーを「ジョージ・アレクサンダー・ルイ」と命名した。夫妻は2013年7月24日(水)、ロンドンのケンジントン宮殿からイングランド南西部、バークシャー州バックルベリーにあるキャサリン妃の実家に移動していて、その後現地時間で午後7時前に22日(月)に生まれたばかりの男の子の名前を発表した。

ケンジントン宮殿は「ウィリアム王子とキャサリン妃はご子息をジョージ・アレクサンダー・ルイと命名し、こうして皆様にお伝えできることを大変喜んでおられます」「称号はプリンス・ジョージ・オブ・ケンブリッジとなります」と声明を発表した。また、王室に近い関係者がメールオンラインに語ったところによると、そのイギリスの伝統的な名前は王家の象徴としてではなく、ウィリアム王子夫妻がただ気に入ったという理由で名付けられたとのことだ。

ウィリアム王子、キャサリン妃、ジョージ王子の3人は、24日(水)の12時55分頃にケンジントン宮殿を発ち、23日(火)にセント・メアリー病院の特別病棟リンド・ウィングから退院後に乗った時と同じ四輪駆動の黒のランドローバーで、キャサリン妃の母キャロルと父マイケルが待つバックルベリーへと向かった。ウィリアム王子一家は午後1時45分頃、テムズ・ヴァリー警察の警察車両に護衛されてバックルベリーのキャサリン妃の実家に到着しているが、自宅に続く入り口付近には警察車両が配備され、2人の私服警官が入り口を警護するなど厳戒態勢だ。

出産直後、ジョージ王子のお披露目の際に着用した、爽やかなドット柄ドレスも話題に。キャサリン妃が選んだ出産後のファッションは、この胸のすぐ下で切り替えとなっていてスカートは直線的なシルエットが特徴のエンパイアラインのドレスだった。23日(火)に、夫のウィリアム王子と共に病院前で生まれたばかりの男の子を全世界にお披露目。キャサリン妃が着た可愛らしいドレスは、ジェニー・パッカムのデザインしたもの。

ファッション・ジャーナリストのヒラリー・アレクサンダーはピープル誌に「病院から出て来た時、キャサリン妃は自身のお気に入りのデザイナーのひとりが手掛けた、とてもシンプルで可愛いドレスを着てましたね」「産後1ヶ月はエンパイアラインのドレスが重宝するでしょう。今ロンドンはかなりの猛暑なので、よりゆったりして、軽い素材のドレスの方がいいわけです」「(おそらく今後、産後キャサリン妃が着るのは)袖なしのマキシドレスかピュアコットンのカフタンなんかでしょうね。涼しくて、それに着易いものです。彼女のお気に入りのハイストリートブランドのリース、ホッブス、ホイッスルズなんかですね」と語っている。

キャサリン妃が今回披露したブルーのドレスは多くのファッション評論家達からも絶賛されていて、ウィリアム王子が生まれた1982年の6月に亡き母親のダイアナ元妃が生まれたばかりの王子を紹介した際に来ていた水玉柄のグリーンのドレスとそっくりだと言う。