未分類

映画『ウルヴァリン』、モデルTAOがヒロイン役で女優デビュー - 福島リラ、真田広之も出演

2013年7月2日 - 未分類

2013年9月13日(金)、日本に上陸する映画『ウルヴァリン:SAMURAI』。今回ヒロイン役でデビューする日本人モデルTAOや福島リラ、真田広之が出演し、ロケが日本で行われたことで話題を集めている。

TAOは注目の若手女優の1人として、ハリウッドでも注目されており、6月にロサンゼルスで開かれた2013年ウィメン・イン・フィル ム「クリスタル・アンド・ルーシー賞®(Women in Film Crystal + Lucy Awards®)」の授賞式を兼ねたチャリティ・ガラパーティにも出席。本イベントの公式スポンサーでもあるマックスマーラ(MaxMara)のドレスを着て、会場に姿を現した。

マーベル・コミックが生んだ、不老不死の肉体を持つ孤高のヒーロー「ウルヴァリン」とSAMURAIスピリットが出会って生まれた最新作『ウルヴァリン:SAMURAI』。ハリウッドが大規模な日本ロケを実施した本作では、ヒュー・ジャックマンと真田広之が魅せる「爪VS二刀流」の火花散るアクションシーンが一番の見どころだが、ウルヴァリンと恋に落ちるマリコ役のTAOと、ウルヴァリンの相棒となるユキオ役の福島リラ、ふたりの日本人トップモデルの鮮烈なスクリーン・デビューも見逃せない。東京都港区の増上寺をはじめ、新宿、秋葉原、上野、アニメ『崖の上のポニョ』のモデルにもなった広島県福山市の鞆の浦など、日本の地で大掛かりなロケを行った。

ワイルドな風貌に宿した孤高の魂、あらゆる物質を切り裂く爪、驚異的な治癒能力に支えられた不老不死の肉体を持つ、ハリウッドが生んだ最も過激なヒーロー、ウルヴァリンを演じるのは、『レ・ミゼラブル』で世界的なスーパースターに上り詰めたヒュー・ジャックマン。彼は主演を務めるにあたり、「これは過去のどの作品よりも、ウルヴァリンというキャラクターに迫った物語だ」と述べている。

ハリウッドが「日本」と「SAMURAI」への熱きリスペクトを注入した、不死の男ウルヴァリンが初めて直面する“死”の恐怖の驚くべき物語と、数々のメゾンのショートップモデルとして活躍し、現在は女優の道を歩んでいるTAOの演技に注目だ。2013年9月13日(金)、TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー。

【ストーリー】
カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)が、かつて命を救った旧友、大物実業家の矢志田に請われて日本を訪れた。しかし東京での再会後まもなく、病魔に冒された矢志田は死亡。その葬儀に参列したウルヴァリンは、組織に襲われた矢志田の美しい孫娘マリコ(TAO)を救い、逃避行のさなかに恋に落ちる。しかし何者かの罠にはまって治癒能力を失ったウルヴァリンは、心身に凄まじいダメージを負い、初めて“限りある命”を意識することに。拉致されたマリコの救出に向かった満身創痍のウルヴァリンは、遂に日本でその命を落とすのか……!?

【映画情報】
『ウルヴァリン:SAMURAI』
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ
配給:20世紀フォックス映画
公式サイトURL:http://wolverine-samurai.jp

(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserve